浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構
H30.1.7現在

浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構 H29.1.9現在

美建友の会

無料登録で閲覧可能物件が2.5倍に!!

会員登録はこちら

会員ログインはこちら ログイン

不動産投資のもう一つの効果!

◆私設年金として
 少子高齢化が加速していく時代、年金制度も先行きどうなるかわからなくなってきています。
 そうした中、不動産投資が活発になってきています。
 年金不足を家賃収入で補おうと「不動産投資」を始められる方が増えているからです。

◆生命保険
 ローンを利用して、不動産投資をおこなう場合、ほとんどのローンには「団体信用生命保険」
 という生命保険がセットになっています。
 この「団体信用生命保険」は、通常の生命保険と異なる点の1つ目は、受け取る時の金額です。
 一般的な生命保険は、死亡保障金額が予め設定されており、万一お亡くなりになった場合は、
 死亡保障金額が受け取れます。
 「団体信用生命保険」が、ローンの残高が、支払い保険金額になります。
 ローンの残高は年々減少しますので、支払保険金額も年々減少していきます。

 2つ目の違いは、「団体信用生命保険」は保険金が受け取れません!?。
 保険金は出るのですが、お金を借りている金融機関が債務の弁済金として受け取る為です。
 保険金は受け取れませんが、ローンの債務はなくなります。
 つまり、ローンがなくなり、家賃収入が全て収入となります。

 3つ目の特徴として、「団体信用生命保険」は、加入年齢によって保険料に差がないことです。
 一般的な生命保険は、加入時期の年齢によって保険料は異なってきます。
 高齢になればなるほど保険料は高額になってきます。

  「団体信用生命保険」の保険料は、年齢によって金利は変わらない為、若い方でも、
 高齢の方でも保険料は変わりません。その為、高齢になるほどお得になってきます。

◆もう一つの効果
  投資用不動産をローンを利用して購入すると、自動的に生命保険に入ることになります。
 5000万円のアパートをフルローンで購入することは、5000万円の生命保険に入ることになります。
 不動産投資は、家賃収入を得ることだけでなく、生命保険としてご家族に「安心」を与える効果があります。

2014/03/08

太陽光発電固定価格買取制度、いよいよ3年目!

◆いよいよ3年目に!
 太陽光発電に関するニュースをよく目にするようになってきました。
 住宅の広告などでも、太陽光発電を取り入れた「家」が人気を集めています。

 太陽光発電が急激に増加した訳は、発電した電力を固定価格で
 全量を買取る制度ができたためです。

 2014年度はこの固定価格買取制度の3年目になります。
 この制度では開始から3年間は買取価格を高めに設定することになっています。
 4月からは最終年度に入って、買取価格の高い太陽光発電の普及にさらに弾みがつくでしょう。

太陽光発電.JPG 

◆今後の動向!
今後の動向を占ううえで、特に重要なのが買取価格の動きです。
2013年度には太陽光の買取価格だけが1割ほど下がり、
残る4種類は据え置かれました。

買取価格を決める最大の要素は発電コストです。
太陽光は市場の拡大によって発電器機が普及し、
価格が安価になって発電コストが低下しました。

おそらく2014年度の買取価格も同様の傾向になるとおもいます。太陽光発電の買い取り価格は1割程度の
引き下げになりそうです。
ただし、2014年度は高い買取価格の最終年度になることが当初から決まっています。
来年の2015年度からは買取価格は安くなります。
というのも、固定価格買取制度を開始してから最初の3年間は、企業や家庭の設備導入を促進するために、
利益が大きくなるように買取価格を高く設定しています。

2014年度は最後の3年目にあたります。太陽光発電に投資するならば、
2014年度中に設備の認定を受けたほうが得になります。

太陽光発電を考えられている方は、割高に買取価格が設定されている2014年度中に検討されるとお得になります。

2014/03/08
ページの先頭へ