浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構
H30.1.7現在

浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構 H29.1.9現在

美建友の会

無料登録で閲覧可能物件が2.5倍に!!

会員登録はこちら

会員ログインはこちら ログイン

住宅着工戸数に変化が!

■住宅着工戸数とは
 住宅の建設は、単価が高額なこと、そして、セメント、鋼材、木材、住宅設備、家具家電など、関係する産業が多岐にわたることで日本のの景気動向に大きく左右してきます。
そのため、着工戸数は、景気の動向を判断する指数として活用されています。
前月は、基準地価の発表があり、地価が上昇基調に変化してきたことをお知らせしました。
地価の上昇を裏付ける記事着工戸数が日経新聞に掲載されたのでご紹介します。

■静岡県の住宅着工数!(日経/10/6朝刊の記事です。)
静岡県が10月5日に発表した8月の新築住宅着工戸数は2,105戸で前年同月比8.3%増加した。14年4月の消費増税以降では初めて2ヶ月連続で前年実積を上回り、県内の住宅市場に改善の兆しが広まっている。
 用途別では戸建ての注文住宅など持ち家が14.9%増えたほか、貸家は4.7%増、分譲住宅は1.5%増だった。
特に戸数の多い持ち家が増加するなど回復をけん引している。
 地域別では東部が7.9%減と2ヶ月ぶりに減少に転じた一方で、中部は14.7%増、西部は18.3%増だった。
■西部は18.3%の伸び!
 この記事によると、静岡県西部の住宅着工数は前年に比べて2割近く増加しています。
先月の地価の回復傾向を裏付ける結果が出ています。
私たちの実感して、土地価格は確実に上昇してきています。
購入を検討している方は早めの行動が、良い結果をもたらす可能性が高いと思います。

2015/11/15

秋の北海道

■秋の北海道!
 仕事で北海道に行き、札幌から登別を回ってきました。
■ジンギスカン
 北海道といえば、ジンギスカンということで、到着した夜に、ジンギスカンで有名な「だるま」に行ってきました。
 夜7時、既に満席で30分待ちです。

1.jpg

これが「だるま」のジンギスカンです。
丸い小山のような鉄板の真上に脂身を乗せて、周りは野菜、上の方でお肉を焼いていきます。

2.jpg

■一足早い紅葉
北海道の10月は、既に紅葉真っ盛り。
車で移動しましたが、紅葉を満喫しながら楽しくドライブできました。
登別といえば温泉!ということで、
硫黄たっぷりの「地獄谷」を見学して、

3.jpg

日帰り温泉のある、ホテルの温泉で一休み。露天風呂から紅葉を眺め、
仕事の合間に"ほっ"と一息。
北の大地をかみしめてきました。

4.jpg

2015/11/15
ページの先頭へ