浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構
H30.1.7現在

浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構 H29.1.9現在

美建友の会

無料登録で閲覧可能物件が2.5倍に!!

会員登録はこちら

会員ログインはこちら ログイン

2016基準地価発表

■2016基準地価
商業地平均、下げ止まり=三大都市圏上昇続く
国土交通省が9月20日に、7月1日時点の基準地価(都道府県地価)を公表しました。
住宅地の全国平均は25年連続で下落したが、下げ幅は7年連続で縮小。
商業地の全国平均は下げ止まり、ほぼ横ばいとなりました。
東京、名古屋、大阪の三大都市圏では、住宅、商業地とも上昇し回復基調となつています。
住宅地の地価は、0金利政策など低金利環境の継続や、住宅ローン減税が需要を下支えし、底堅く推移しています。
商業地は外国人観光客の増加や主要都市におけるオフィス空室率の低下により、全国平均は9年ぶりにプラスに転じました。

全国的に、商業地の地価は上昇基調になり、住宅地は、人気地区は上昇し、その他の住宅地も下落率が少なくなってきています。

■静岡県の基準地価
基準地価、中心街は上昇傾向 静岡県内8年連続下落
静岡県内の平均変動率は全用途で8年連続で下落し、住宅地1・1%、商業地0・7%、工業地0・7%のマイナスでした。

住宅地と商業地は、13年以降は下落幅が縮小傾向にあります。
静岡市や浜松市などの中心市街地は上昇傾向が強い一方、郊外や沿岸部は下落基調が続き、二極化が進んでいます。

 調査を行った地価調査鑑定評価員分科会の小泉幹事は「住宅需要は人気地区に集中し厚みがないため、地価上昇は広がりに欠ける。沿岸部は下落が大きくなり、取引が出てきた」と分析しています。

浜松市の基準地価は、「浜松市の公式ホームページ」で、浜松市における基準地のポイント113地点の地価が確認できます。
↓ ↓ ↓
浜松市ホーム > 産業・ビジネス > 土地 > 地価 > 土地の価格について> 浜松市内の地価調査の概要

2016/10/06

ほけん申請の窓口

■登ってきました。

先月、希望者を募った「屋根・雨樋無料点検モニター募集」に多数の応募ありがとうございました。

 おかげ様で、屋根の調査を無事終了することができました。

 私も、同行しましたが、登ってはいません(汗)

 

hoken01.png

2階にはしごをかけて登っています。 

 

 

 

 

hoken02.png

 

頂上に着きました。ここから屋根に移っていきます。
緊張する場面です。

 

 

 

 

hoken03.png

 

 

屋根の上から全体を見回して、点検し写真を取っていきます。


hoken04.png

 

気になる箇所は、近くでアップ写真を撮ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお家は保険申請するような被災はありませんでした。良かった。
後日、調査結果を調査報告書とともに写真付きで作成し、無料でお渡しします。
ここまで無料で行います。被災があった場合は、保険を利用して0円補修できる場合があります。

2016/10/03

FMハロー

■ドキドキ 収録
 今月の写真は、地元のFMラジオ局「FMハロー」のスタジオで岡本アナウンサーと一緒に撮った写真です。

FM.png

■住まいの情報番組

と、いう15分間の番組で、建築士の方が毎週マイホーム作りのアドバイスを行っている番組です。
 今回、「土地の購入」のテーマにあたり、土地探しのプロとして、ゲスト出演しました。

9月30日10:00~10:15、FMハローで放送されます。

 聴き逃した方には、インターネットでバックナンバーが紹介されています。
マイホーム作りに役立つ建築士の情報もこちらで学ぶことができます。
「私の話」を聴きたい方は、こちらをクリックしてください(笑) 

「FMハロー」クリック
  「番組紹介」クリック
  「マイホームガイド」クリック

もしくは、下記のサイトへ↓ ↓
http://fmharo.co.jp/program/myhomeguide/

 私もまだ聴いていません。皆様から。

yokudekimasita.png


と、言っていただけるか、ドキドキです。

2016/10/03
ページの先頭へ