浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構
H30.1.7現在

浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構 H29.1.9現在

美建友の会

無料登録で閲覧可能物件が2.5倍に!!

会員登録はこちら

会員ログインはこちら ログイン

富塚卓球クラブ

■私事ですが!

先日、卓球の試合で、団体戦がありました。私の所属するチームは「富塚卓球クラブ」といいます。
クラス別の試合ですが、私の参加したチームが3位入賞することができました。 楽しくスポーツしてます。

syoujyou.png

2017/07/02

既存住宅状況調査技術者

■既存住宅状況調査技術者制度創設

国策として、これまで新築中心の住宅政策から、既存住宅(中古住宅)の流通量を欧米並に増やしていくことをめざしていることは、これまで何度かお伝えしてきました。
宅地建物取引業法や民法の改正等が決定されて、いよいよ、既存住宅の流通形態が変わってきそうです。
国の狙いは、売主買主が安心して中古の売買が取引できることをめざしています。
そのためには「建物の状況調査」を行い、調査結果を開示して取引をする。
一定の整備を行っている建物には、瑕疵保険を活用して、保証のある中古建物が購入できる市場をめざしています。
その第一弾として、建物診断が行える資格者を「既存住宅状況調査技術者」と称して、認定する制度ができました。
建築士の私も、既存住宅状況調査技術者になるべく、講習を受けてきます。

------------------------
以下は、国土交通省のホームページからの抜粋です。
------------------------
■背景 
平成28年3月に閣議決定された「住生活基本計画(全国計画)」において、既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するため、建物状況調査(インスペクション)における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めることとしています。
平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることにより、宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、既存住宅流通市場の活性化を推進してまいります。

3.宅地建物取引業法における建物状況調査について
平成28年6月に宅地建物取引業法の一部を改正する法律(平成28年法律第56号)が、平成29年3月28日には宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する省令(平成29年国土交通省令第13号)並びに平成29年国土交通省告示第244号及び平成29年国土交通省告示第245号がそれぞれ公布され、平成30年4月1日より、既存住宅状況調査技術者の行う既存住宅状況調査の結果が、既存住宅の取引における重要事項説明の対象となります。

2017/07/02

身近な相続!

■母 他界!
私の母は、がんの手術を数年間繰り返し治療をしておりましたが、6月16日に89歳で他界致しました。 
先月相続のお話をさせて頂きました。
私にとっては初めての親近者の通夜、葬式をむかえました。

■身近な相続!
これから、相続の話しが出てくると思います。
これまで相続について学んできたことを、実践することになります。
父は93歳で、自立して生活できる年齢の割には、しっかりとしています。
父と子供二人で母の相続をすることになります。
スムーズな相続を行い、いつまでも兄弟仲良く過ごして居れるようにしたいと思っています。

2017/07/02
ページの先頭へ