浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構
H30.1.7現在

浜松市マンション流通実績 中部不動産流通機構 H29.1.9現在

美建友の会

無料登録で閲覧可能物件が2.5倍に!!

会員登録はこちら

会員ログインはこちら ログイン

2018基準地価を読む(静岡編)

■<静岡県の地価動向>
静岡県の基準地価 9年連続下落 東部は小幅上昇

 住宅地の地価は前年比で1.2%、商業地は0.6%それぞれ下落しました。
 共に9年連続の下落ですが、商業地は下落幅が縮小しています。
 首都圏通勤圏で交通インフラが整いつつある県東部の長泉町などが小幅上昇する一方で、
 人口減が進み津波リスクが敬遠される沿岸部は下げ率が依然大きく、静岡県内で、二極化が進んでいます。

 住宅地の平均価格は1平方メートル当たり6万5900円で、前年と比較可能な408地点のうち上昇は45となっており、
 10%超の地点で住宅地も上昇する所が多くなってきました。

 商業地は14万300円で、同じく146地点のうち上昇は46で、30%超の地点で上昇しています。

 1987年を100とした指数でみると、住宅地82.2、商業地は48.0の水準となっています。

 静岡市と浜松市は商業地が上昇したが、郊外の住宅地が下落。全用途ではそれぞれ0.2%、0.6%の下落となっていす。

■<浜松市の地価動向>
浜松の基準地価は、商業地は数年前からはっきりと上昇に転じています。
 また、住宅地においても、上図のとおり、多くの地点で上昇に転じています。

 特に、人気住宅地の、蜆塚・山手など
 を中心に、住宅地価格は上昇に転じています。

2018/09/29

2018基準地価を読む(全国版)

■地価上昇、地方の各所で!
 国土交通省が9月18日発表した2018年7月1日時点の基準地価は、
前年比で27年ぶりの上昇に転じました。

 訪日客需要を見込んだ店舗やホテルの建設が進み、
各地方の中核都市がけん引役となって商業地が3年連続でプラスになりました。

 住宅地は下落幅が縮小し、低金利などを背景に改善が続いています。
 バブル崩壊以降、地価はマイナス圏で推移してきましたが、
資産デフレの解消に向けて緩やかに前進してきています。

全国の林地を除いた宅地(全用途)は前年に比べて0.1%上昇。1991年以来のプラスとなりました。

■海外からの観光客が地価を変える
 地価上昇の大きな要因は増え続けている訪日客です。17年には過去最高の2869万人となり、
その恩恵を受ける店舗やホテルなどの立つ商業地は全体で1.1%の上昇。
観光資源が豊富で、訪日客の人気が比較的高い地方中核4市(札幌、仙台、広島、福岡)は9.2%と大幅に伸びました。

■日本一の地価は?
 地価が最も高かったのは東京・銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」。
1平方メートルあたり前年比7.7%上昇の4190万円。91年の3800万円を2年連続で超えました。

<商業地>
オフィスの空室も少なくなり、世界的な金融緩和が続く中、
利回りの高い投資先を求める外資マネーの動きも根強く商業地の地価上昇の一因となっています。

<住宅地>
住宅地は0.3%のマイナスで27年連続の下落となったが、下落幅は9年連続で縮小しました。
日銀がマイナス金利政策を続ける中で、駅の近くなど交通の利便性が高い地域を中心に
上昇の地点は広がっています。
上昇した都府県は前年の8から11に増えました。

2018/09/29

西本やりました。

趣味で地元のクラブチームに入って卓球をかれこれ25年程やっています。
年に数回は、卓球協会の試合に参加しています。
今回久し振りに表彰状を頂きました。
63歳と18歳のチームでダブルス戦「準優勝!」でした。
年齢を問わず楽しめる卓球はいいですよ!

syoujyou.png

2018/09/29
ページの先頭へ